【飯田信義さんインタビューVol.0】流山の記憶を残す切り絵作家 飯田信義

流山切り絵

流鉄流山駅を降りると、レトロな町並みがたたずむ流山本町と呼ばれるエリアにたどり着きます。そこは、江戸時代より江戸川の水運を活かし商業のまちとして栄えていました。

明治時代の建築物や土蔵、百年以上続く老舗が点在し、それら歴史的建造物の中には、市や国の文化財として登録されているものもあります。

まちを散策していると、切り絵でまちの風景が描かれた個性豊かな切り絵行灯が目に留まります。この切り絵を制作したのが、流山本町で生まれ育った切り絵作家の飯田信義さんです。

流山本町の風景を切り絵で残したいと勤しむ飯田信義さんについて、Ryutestu Area walikng lab.で連載します。

切り絵作家 飯田信義さんプロフィール

1947年流山生まれ。1995年から独学で切り絵を始められ「風景は写真や絵でも残せるけれど、切り絵にすることで古い街並みに合ったレトロ感が出る」と感じ、切り絵で流山の歴史・文化を表現され続けています。
2012年から幼馴染の長谷部年春さんとともに流山本町の切り絵行灯を製作されています。

プロフィール

1995年
市役所に勤務中に独学で切り絵をスタート
2011年以降
サンクトペテルブルク、パリ、ロンドンなどの海外の芸術祭へ出品
2013年
「国際切り絵コンクール・イン・身延ジャパン」入選
2014年
流山本町行灯による町づくりで「流山市景観賞」受賞
2019年
千葉県都市協会まちづくり功労表彰
2019年
まちづくり功労表彰として国土交通大臣賞受賞

コラボレーション活動

2012年〜
長谷部さんと切り絵行灯製作を始める
2016年
流山あかり館 彩(現 あかり館@雑貨konocono)と手作り行灯キットの製作
2018年
ちりめん細工「桃の会」と流山エルズにて作品展を開催
2020年
machiminと「切り絵デザイン×転写シート」製作コラボ
消しゴムはんこ作家いとうみきさんと「切り絵デザイン×巨大消しゴムはんこ」製作コラボ

市民向け講座開催

流山文化会館でのミニ行灯づくり、切り絵講座など

切り絵との出会い

飯田さんが切り絵の創作活動を始めたきっかけは、旅先で見た関口コオさんの女の子の切り絵原画と出会ったことで、その作品は林の中を歩いている後ろ向きの女の子を描いた作品だったそうです。その「後ろ姿」に、どこかふるさとを思い出させるような、想像力を掻き立たてる魅力を感じられて、虜になられました。

その作品の購入を考えたそうですが、高額だったため断念。しかし、切り絵に魅せられた飯田さんは、もともと手先が器用だったので、「自分でも切り絵が作れるのではないか」と思い、すぐに創作活動を始めました。

何のために切り絵を作るのか

流山本町(2015年頃)

飯田さんが切り絵で表現するのは、流山の歴史や文化。移りゆく流山の景色を飯田さんの感性と地域の人々の記憶を頼りに、切り絵として表現し、残していきたいと考えていらっしゃいます。

長く創作活動を続けられるのは、「誰かのためではなく、自分のため、やりたいからやっているという心構えを変えないこと。これがもし、仕事になっていたら、辛くなってしまうかもしれない。気分が乗らない時はやらない、やりたい時はとことんやる。」それが飯田さんの切り絵との向き合い方です。

そして、何より、切り絵を見て喜んでくれるまちの人たちの声が一番のモチベーションになっていると語られました。

次回からは、飯田さんに取材した内容を、machiminスタッフそれぞれの視点で、ご紹介していきます。

飯田信義さんインタビューVol.1はコチラ↓

タイトルとURLをコピーしました